×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム>臨床工学技士とは?

臨床工学技士とは?

 

 ここでは、臨床工学技士ってナニ?という人に向けて、臨床工学技士とは何か?どんな仕事をする人?ということについて説明したいと思います。

 臨床工学技士とは、19875月の第108回通常国会で成立した「臨床工学技士法」によれば、医師の指示のもとに生命維持管理装置の操作および保守点検を行なうことを業務とする者と定義されていて、医療業務上の資格の名称の一つです。
 一般に ME (Medical Engineering) CE (Clinical Engineering) と呼ばれることが多いようです。

 医療従事者の中で、医師以外の、看護師や放射線技師のような医療技術者のことをコメディカルと呼びますが、臨床工学技士もその中のひとりです。

 先に、「生命維持管理装置の操作および保守点検を行なうことを業務とする者」と説明しましたが、他にも病院内の各種医療機器の保守・点検・管理や、医療機器の不具合に関する報告書の作成(医薬品の場合は、薬剤師)も担っています。


生命維持管理装置について
  

 生命維持とは、人の呼吸、循環、代謝といったような生命の維持に直接つながる機能を代行したり、補助したりする装置のことであり、呼吸に関連したものは、人工呼吸器、高気圧酸素治療装置等、循環に関連したものは、人工心肺装置、補助人工心臓、心臓ペースメーカー等、代謝に関連したものは、血液浄化装置(透析、濾過、血漿交換)等が主に挙げられます。